срочный займ на карту

アーカイブ

「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」参加の高校生を湘南藤沢キャンパスに迎えました

「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」参加の高校生を湘南藤沢キャンパスに迎えました 5月19日(金)に湘南藤沢キャンパス(以下、SFC)では「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」に参加した高校生を迎えました。「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」とは、国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)が実施している、アジア地域から高校生を招聘して日本の最先端の科学技術や科学者に接する機会を作るプログラムです。毎年SFCに訪問いただいており今年はマレーシア・フィリピンの2カ国の高校生と引率教員の計61名が訪れました。 ★キャンパス散策をする生徒たち 到着後、一行は新緑のキャンパス内を散策しながら、会場となるΩ館へ向かいました。道中、滞在型教育研究施設である未来創造塾創設プロジェクトの一環として作られたSBC(Student Build Campus)センターや3Dプリンター等が設置されたFab Labの見学、福澤諭吉像の前での記念撮影を行いました。 Ω館では、はじめに萩野達也環境情報学部教授による歓迎の挨拶、慶應義塾の概要やSFCにおける学際的カリキュラム・研究の紹介、英語で学位を取得できるGIGA(Global Information and Governance Academic)プログラムについての説明が行われました。 ★義塾、SFC、GIGAプログラムの説明をする萩野教授 次に、オオニシタクヤ環境情報学部准教授により“Designing Energy for a Better Society”という題の模擬授業が行われ、生徒たちは実際の大学の授業を受講することでSFCでの学びを体験することができました。 ★オオニシタクヤ准教授の模擬授業 最後に、長谷部葉子環境情報学部准教授によるインタラクティブセッションが行われました。生徒たちは、SFCの学生生活の様子がわかる映像を見た後で、大学でやってみたいこと、興味のあることをテーマとして、留学生を含む在学生を交え積極的に意見交換や発表に参加していました。 ★在校生のアドバイスに耳を傾ける生徒たち ★大学でやりたいことを考えるグループワーク セッションのあとは、学内にあるイタリアンレストランにてビュッフェ形式の会食を行いました。ハラル対応のグリルチキンは一番人気で、美味しい食事とともに高校生たちは在学生、教職員との会話を楽しんでいました。 ★仲間ともに楽しいランチタイム ★オオニシ准教授を中心に笑顔で写真撮影 ★SFCの豊かな緑を背景にみんなで記念撮影

【お知らせ】ワシントン大学セントルイス 大学院進学奨学金プログラム説明会

慶應義塾大学と、ワシントン大学セントルイス(Washington University in St. Louis(WUSTL))の間で、2016年6月に McDonnell International Scholars Academy のパートナーシップに関する協定が締結されました。これにより塾生および塾員は、WUSTLの大学院進学のための特別な奨学金プログラムに参加することができます。 WUSTLは1853年創立の私立大学で、7つの大学院と学部によって構成され、全米でトップレベルとされる教育機関の一つです。 また、McDonnell International Scholars Academyは、世界各国から優秀な奨学生を集めてグローバル・リーダーに育てるプログラムのもと設置されたWUSTL学長直轄の機関です。現在20数カ国の30を超えるパートナーシップ校が協定を結んでおり、日本では慶應義塾大学と東京大学がパートナーシップ校です。 この度、WUSTL副学長兼元医学部長のラリー・J・シャピロ教授の来日にあわせ、本奨学金プログラムの説明会を開催いたします。 貴重な機会ですので、是非奮ってご参加ください。 参加ご希望の方は下記より事前登録をお願いいたします。 (参考URL) https://www.keio.ac.jp/ja/news/2016/7/11/27-17960/ 開催概要 開催日時: 2017年5月11日(木)17:30~18:30 開催場所: 三田キャンパス 南校舎1階 グローバルラウンジ スピーカー: ワシントン大学セントルイス副学長兼元医学部長 ラリー・J・シャピロ教授 使用言語: 英語 参加申込み 参加を希望される方は、下記リンク先のオンラインフォームより事前申込みください。 >>こちら

次期塾長に、長谷山彰常任理事が選任される

現塾長の任期満了(5月27日)に伴い、4月20日に開催された慶應義塾評議員会において、長谷山彰常任理事・文学部教授が次期塾長に選任されました。 次期塾長の任期は、2017年5月28日から2021年5月27日までの4年間となります。 【次期塾長の略歴】 長谷山 彰(はせやま あきら) 1952年生まれ。64歳。法学博士。 1975年慶應義塾大学法学部卒業。1979年同文学部卒業。1984年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学法学部教授を経て、1997年慶應義塾大学文学部教授。2001年学生総合センター長兼学生部長、2007年文学部長、大学附属研究所斯道文庫長、2009年から現在まで慶應義塾常任理事。 法制史学会理事、日本古文書学会評議員なども務める。 専門は日本法制史。

【GICセンター】2016年度GICプログラム修了証授与式の開催について

3月23日(木)に日吉キャンパスにおいて、長谷山常任理事臨席のもと、 2016年度GICプログラム修了証(Certificate)授与式が行われました。GICセンターは、原則として全ての学部生を対象に、1年間で約80の 「GICセンター設置科目」を提供しています。ここに各学部や他のセンターが設置する「GICセンター認定科目」を加え、合計約400科目のなかから卒業までに40単位以上を取得するとGICプログラムの修了が認定されます。 このたびGICプログラム修了認定の第一号として、経済学部4年の朝井裕介君に、 鈴村所長より修了証(Certificate)が授与されました。

「S-face」Vol.18に環境情報学部 藤井進也専任講師が登場

慶應義塾大学SFC研究所では、海外に向けて研究者を紹介するウェブサイト「S-face」を公開しています。 「S-face」は、ウェブサイト(英語)、動画(英語)、広報誌(英語/日本語)という3種類の異なるメディアを通じ、シリーズ記事として、多角的に研究者を紹介しています。 Vol.18では、環境情報学部の藤井進也専任講師が登場しました。 「音楽のサイエンスからヒトの進化の謎を解く」 10代で出会ったドラムに惚れ込み、ドラマーとして腕を磨きながら、ドラムや音楽をテーマに研究を始めた異色の研究者。音楽を通してヒトの進化の謎を解く、藤井進也専任講師の研究への想いをぜひご覧ください!SFC_vol18_J.jpg ■S-face WEB(英語のみ) http://sface.sfc.keio.ac.jp/ 広報紙(日/英) 広報誌は、湘南藤沢事務室 学術研究支援担当の窓口(τ館1階)前にて配布しています。 【バックナンバー】 vol.1:環境情報学部 長谷部葉子准教授 vol.2:環境情報学部 筧康明准教授 vol.3:看護医療学部 藤屋リカ専任講師 vol.4:総合政策学部 古谷知之教授 vol.5:環境情報学部 牛山潤一准教授 vol.6:政策・メディア研究科 小林博人教授 vol.7:政策・メディア研究科 若新雄純特任助教×環境情報学部 小川克彦教授 vol.8:環境情報学部 佐野ひとみ専任講師 vol.9:環境情報学部 秋山美紀准教授  特別号:ORF2015 vol.10:看護医療学部 矢ヶ崎香准教授 vol.11:総合政策学部 藁谷郁美教授 vol.12:環境情報学部 黒田裕樹准教 vol.13:総合政策学部 廣瀬陽子教授 vol.14:環境情報学部 水野大二郎准教 vol.15:政策・メディア研究科 蟹江憲史教授 vol.16:政策・メディア研究科 石川初教授 vol.17 : 環境情報学部 オオニシタクヤ准教授 ■次号は、看護医療学部 宮川祥子准教授にご登場いただく予定です。 発信元:湘南藤沢事務室 学術研究支援担当

Page 3 of 3012345...102030...Last »