срочный займ на карту

ニュース

村井純教授が、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章

2月13日、村井純政策・メディア研究科委員長/環境情報学部教授が、フランス政府より「レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ」を受章しました。インターネット研究等を通じた日仏間の学術交流発展への貢献が高く評価されたことによるものです。   村井教授は、1984年に日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立し、1988年にインターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを発足させる等、インターネット網の整備普及に尽力し、「日本のインターネットの父」として知られています。2013年には、「インターネットの殿堂(パイオニア部門)」入りを果たしました。各省庁におけるIT関連委員会委員などを多数務め、2008年には、慶應義塾大学側の研究代表者として日仏情報学連携研究拠点(JFLI)の設立に貢献しました。   レジオン・ドヌール勲章はナポレオン・ボナパルトによって1802年に創設されたフランス最高位の勲章で、さまざまな分野における民間人の「卓越した功績」を表彰しています。これまで慶應義塾からは、清家篤塾長(当時)、土屋雅春医学部教授(当時)、松原秀一文学部教授(当時)他が同章を受章しています。

2019年9月入学希望者対象AO(グローバル)入試出願受付は終了しました

(2019年2月12日)2019年9月入学希望者対象AO(グローバル)入試出願受付は終了しました。 2020年9月入学希望者対象Application Guidebookは2019年8月下旬~9月初旬ごろ公開予定です。

Massachusetts Institute of Technology(MIT)とのジョイント講義を実施

12月11日、未来創造塾滞在棟にて、SFCのGIGA科目「世界史のなかの日本」(担当:清水唯一朗)とMIT(マサチューセッツ工科大学)歴史学部の講義「World History」(担当:Hiromu Nagahara教授、Sana Aiyar教授)の中継講義が行われました。グローバルヒストリーの重要性が唱えられるなか、この二つの講義は双方の学習効果を高めるべく、中継と講義ウェブサイト上のディスカッションを通じたジョイントクラスとして運営されました。 秋学期の始めに大英帝国と大日本帝国それぞれの世界地図をもとにキックオフディスカッションを行ったのち、講義ウェブサイトで岡倉天心とタゴールの作品を読みながら意見を交わして思想的な理解を獲得し、日印米の近代史年表を共同で作成して通時的な理解を深め、この日の最終プレゼン・ディスカッションに臨みました。SFC側は深夜、MIT側は早朝の中継であるにも関わらず、近代にとどまらず、古代から現代まで幅広い活発な議論が展開されました。 日本とアメリカ東海岸は13時間の時差があるため、これまでこうした中継講義は困難でしたが、未来創造塾滞在棟の講義での利用が今学期から可能になったことにより実現しました。今後、MITに留まらず、SFCの日本研究クラスと各国の大学との中継クラスが広がりそうです。 詳細はこちら

冬季休業のお知らせ

Thursday, December 27, 2018 – Keio University Shonan Fujisawa Campus will be closed for winter holidays during the following periods:  December 28, 2018-January 6, 2019 Please also be informed that the campus will be closed on January 10 for the founder’s birthday and January 14 for a national holiday. We may not be able to […]

2019年度出願受付を開始しました

(2018年12月10日) 2019年9月入学者対象AO入試(グローバル)の出願受付を開始しました。募集要項等の詳細は以下URLよりご覧ください。 https://www.sfc.keio.ac.jp/en/admissions/undergraduate/admissions_for_overseas.html 留学生対象の奨学金について AO入試(グローバル)に合格して総合政策学部または環境情報学部に入学する留学生対象の奨学金については以下のページをご覧ください。 Scholarships Exclusively for GIGA Program International Students