срочный займ на карту

ニュース » 村井純教授が、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章

2月13日、村井純政策・メディア研究科委員長/環境情報学部教授が、フランス政府より「レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ」を受章しました。インターネット研究等を通じた日仏間の学術交流発展への貢献が高く評価されたことによるものです。

 

村井教授は、1984年に日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立し、1988年にインターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを発足させる等、インターネット網の整備普及に尽力し、「日本のインターネットの父」として知られています。2013年には、「インターネットの殿堂(パイオニア部門)」入りを果たしました。各省庁におけるIT関連委員会委員などを多数務め、2008年には、慶應義塾大学側の研究代表者として日仏情報学連携研究拠点(JFLI)の設立に貢献しました。

 

レジオン・ドヌール勲章はナポレオン・ボナパルトによって1802年に創設されたフランス最高位の勲章で、さまざまな分野における民間人の「卓越した功績」を表彰しています。これまで慶應義塾からは、清家篤塾長(当時)、土屋雅春医学部教授(当時)、松原秀一文学部教授(当時)他が同章を受章しています。